人間中心の経営哲学 -私が松下幸之助に学んだこと

人間中心の経営哲学 -私が松下幸之助に学んだこと

「苦しい時は三年や。三年経てば光が見えてくる。どんな場合でも道はある。勝つことを前提とした経営をやれ」――。創業者・松下幸之助の言葉を支えに、急激な円高を乗り切った松下電器四代目社長が語る、実践的経営論。
【2022年7月25日発行】
商品コード
S-53
ISBNコード
978-4-904026-45-8
発売日
2022年7月25日
著者
谷井 昭雄 (たにい・あきお)
販売価格(税込み)
1,980円
数量
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

著者の紹介

谷井 昭雄 (たにい・あきお)

1928年大阪府生まれ。神戸工業専門学校(現神戸大学)卒業。敷島紡績(現シキボウ)、東洋金網(現トーミア)を経て、56年松下電器(現パナソニック ホールディングス)入社。ビデオ事業部長など要職を歴任し、86年から93年まで第4代社長。その後、同社相談役、特別顧問を長く務める。また、大阪府日中友好協会会長、日中経済貿易センター会長などを歴任。著書に『松下幸之助 ものづくりの哲学』(PHP研究所)などがある。

ページトップへ